ウォールナット   株式会社ウォールナット
ウォールナットは、見えないものを見る物理探・計測の技術コンサルタントです

ISO9001認証
認証範囲
物理探査による土木構造物の調査


Acrobat及びAcrobatロゴは、
Adobe Systems Incorporated
(アドビシステムズ社)の商標です
 
 

多分野・多対象に対し調査・計測を行っています。
WALNUT  調査・計測業務について

農業用水路非破壊概査システム


壁面撮影・覆工背面調査・地山状況調査・内空断面計測

 "農業用水路非破壊概査システム"は総延長45.000kmにも及ぶ農業用水路を対象として、躯体に発生しているひび割れなどの変状を高解像度デジタル画像として記録する調査システムです。
 農業水利施設のストックを有効に活用していくため、農業用水路の効率的な調査及びカルテ化を目指して、当社と農村工学研究所が共同研究を行い、開発しました。




システムの概要



1.覆工背面調査
・レーザー撮影
 レーザーを使用し連続的に画像を取得していきます。光源が不要なためトンネルや暗渠等暗所での調査に有効です。

レーザー撮影状況 レーザー取得画像


・CCDカメラ撮影 
 CCDラインカメラを使用し移動しながらカラー画像を取得します。開渠などの明所での調査に有効です。

CCD撮影状況 CCD取得画像


2.覆工背面調査
・レーダー背面調査
 電磁波レーダーを用いてトンネル覆工厚、空洞の有無・分布、背面地山の性状、支保工の位置を連続的に調査します。

レーダー計測状況 レーダーシステム図


3.地山状況調査
・地山貫入計測
 簡易貫入法によりコンクリート覆工背面の地山状態を推定します。

地山貫入装置 貫入試験状況


4.内空断面計測
・内空断面調査
 水路の変形状態をレーザー変位計の使用により、迅速且つ的確に計測することが可能です。

内空断面計測装置 断面計測装置


5.データ出力
 レーダー計測結果、レーザー調査結果、断面計測結果等のデータをわかりやすく表示します。
まとめて集計することで、トンネルの状態情報を確実に把握することが可能です。

データ出力結果



パンフレットはこちら
 (PDFファイル)>>>


株式会社 ウォールナット
〒190-0002 東京都立川市幸町1丁目19番13号 TEL 042−537−3838(代表) FAX 042−537−3820

Copyright 2006 walnut. All rights reserved.