当探査は特殊な電磁波を使用することにより、スポット的に存在している空洞の厚さを測定します。従来、空洞厚の測定はボーリングによる破壊調査(スコープ調査)が実施されていますが、道路下の埋設管の破損事故が常に懸念され、また、道路占有企業(埋設管所有者)による立会いが必要です。当探査により破壊試験の数量を極力低減させることにより、効率的な調査が可能になりました。

探査状況写真

非削孔空洞厚測定装置

非削孔空洞厚測定装置

探査目的

非破壊での空洞厚さ確認

探査対象

路面下空洞発生個所